アクションとは心の中にどれだけのジャッキーを置くかどうか

0

    20190805_2787590.jpg

     

    僕の好きな映画評論家さん曰く

    「世の中にはジャッキーチェンという仕事があり、今、それをやっているのがトムクルーズ」

     

    避けては通れないんであります。

    ジャッキーも、ドニー・イェンも、トニー・ジャーも、マックス・チャンも。

    (ジェット・リーも、ドルフ・ラングレンも)

     

    クンフーが足りているかどうかというのは、愛があるかどうかということでありまして。

    それは経験と言い換えることができたり、知識と言い換えることができたり、

    ともすれば、思い込みと例えてしまってもよかったりして。

    できないできないと思ってしまうとできないんでありますけれども、

    「なりたい」って憧れって、「できる」よりもも少し上位の思い込みなんじゃないかなって思うんで。

     

    そういうわけなので、劇団員の椿とか、小林には、映画見て欲しいです。

    案外僕は、リー・リン・チェイの「ワンス・アポン・タイム・インチャイナ」シリーズを見ていたんです。

    なもんで、ジェット・リーはそないに、嫌いというわけでない。

    むしろ、とある部分では根っこみたいなところがあるので、長いタオルが濡れていれば、

    くるくると回して、硬い棒にすることはできるんじゃないかというくらいの思い込みはある。

     

    さて。

    今回は和泉さんの殺陣稽古。

    大事なのは、これが、現代劇なのか、会話劇なのか、エンタメなのか、ファンタジーなのか。

    そういう「ジャンル」が殺陣の手をつけてもらった時に一目でわかるかどうか、という、

    役者側の資質なんであります。多分。

    身体の中にどんな文法が流れているか、という感じですかね。むしろ分かりにくくなりましたかね。

    ジャッキーなのか、ドニーなのか、ここで結構分かれてきます。

    ドニーさんは結構シリアスに抱え込みすぎていたりするし、ジャッキーはその反対だろうし。

    トニー・ジャーはまた違った暑苦しさがあるし、サモ・ハンはかっこいいけどかわいいし。

     

    20190805_2787588.jpg

     

    どれだけ見てきたか。

    見てきた中に、その時にどのくらいの気持ちで釘付けにされてきたか。

    そういう。そこんところで言っちゃう「愛情」があるんかどうか。

    結構大事。

    こういうフリがついたので、やってます。ってのとは違う。

    それがそうなってきた、っていうことには、歴史と理由があるんだ。

    ということを、きちんと伝えていくってのが、僕らのお勤め。

     

    時計仕掛けのアレックスみたいに目を強制的にかっぴらかせて、イップマンを見てもらいたい気持ちもある。

    プロジェクトAでもいい。

    共通認識をもって。

    僕ではなくって、僕たち、でやっていきたいんです。

    それが昨今ご都合で使われている「我々日本人」というのではなくって。

    みんなが納得した上での「ぼくたち、わたしたち、おれたち」っていうみんなの共通になれたらいいなと。

     

    んで、でも勧めたら、ほんとに見てくれるメンバーでできた座組なんです。

    そりゃ時間もなかったり、そんなに見れなかったりもするだろうけど、できる限りの努力はきっちりとしてくれる。

    そういうメンバーに囲まれています。ありがたいことです。

    次のアクション稽古には僕も出番が回ってきます。

    ここまで書いたブログが、自分の首を絞めないように。絞めることにならないように。

    がんばりまっす。

    本番、劇場でお待ちしておりますねーっと。

     

    20190715_2776793.jpg

     

    ステージタイガー #010 「ファイアフライ」

    作・演出 虎本剛

     

    【日時】

    2019年9月13日(金)〜14日(土)

    9月13日(金)19:00〜

    9月14日(土)14:00〜

     

    【会場】

    高槻現代劇場中ホール

     

    【料金】

    一般前売 2,500円

    一旦当日 3,000円

    その他、学割など料金設定あり

    ご予約はこちらのフォームからお願いいたします!

     

    8月13日までは先行予約期間となります。

    振込のみとなり、入金を確認できた時点でチケットをお送りさせていただきます。

    大きな劇場で、座席数も多いので、ぜひとも先行予約をご利用ください。

     

    【特設サイト】

    http://st-tg.net/_sp/ff2019/


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM