ばぶれるりぐる ほたえる人ら を、みました。

0

    なんとかキャンセルが出たので、ご厚意に甘え、観劇。

    なぁんも言うことがない、素敵なお芝居でした。

    見終わってから、こういう時って、もしくは超おもんないものを見てしまった時もおんなじコトしてまいますけど

    ゆっくりゆっくり帰ってしまいますねんね。

    僕はだいたい一人でお芝居を見に行くコトが多いもんで、

    帰り道の一人の時間を楽しみたいと思えるかどうかというか、余韻というか、

    ともあれ今回は恵美須町から鶴橋まで汗にまみれて歩く事になりました。

    この暑さなので、汗はかいて当然だけれど、途中で観劇三昧さんに寄らせていただいて

    全日本超溶接工委員会「ちょっと足りない」と、ステージタイガー「アフターバーン!!」の宣伝をちょこっと。

     

    観劇三昧さんでは半券でガチャができるという「半券ガチャ」ってのがありまして、

    僕は近所で観劇して時間があれば半券を持って行って、ステージタイガーのステッカーを当ててしまったり、

    そんなコトをしていたんですが、今回は私見感さんの台本が当たりましたんで、また読ませていただきます。

    でも、今はスティーブンキングを読んでいるので、この沼抜け出した後に。

     

    FullSizeR.jpg

     

    ご挨拶文が、とっても僕にはよかったなぁと思って。

    占い師さんの言葉を受け取って行動に移した竹田さんのお話。

    やる側としては勝手に初めて、お客様が見に来てくれるかどうかなんてなんの担保もないお話なんだけれど、

    結局のところ、放つ側と受け取る側がいる事でないとなにも起こりえない事なんであってお芝居は。

    作る側だって、何が面白いのか、どうすればその面白さが少しでも多くの人に、伝わるのか。

    押し付けがましくなってはいないか、こちらだけが楽しくなっていないか、

    いろいろの事を考えながら、ものを作っているのであるんで、それでも勇気がいるんであります。

     

    そんなこんなをえいやっと飛び越えてこの公演を(きっと)成功させたのは本当に素敵だなぁと、

    見にこれてよかったなぁと、勇気をいただいたのです。

    本当に面白かったなぁと思っています。

    占い師さんありがとうって感じです、僕はこの作品を見る事ができたんですからね。

    でも、そういうのはマジ数値化できるものでもないし、何回言葉に出してみても伝わるもんでもないし、

    難しいもんですね、共感、共有、っていうものは。

    どこがよかった、とかそういう話だったらなんぼでもできると思うんですが、何目線やねんって事なので、この辺にして。

     

    IMG_8219.jpg

     

    ぶらぶらと歩いて帰ってみると、やっぱりいつもとは違う道を使いたくなるもんで、

    今回も例に漏れず、別の道を歩いて帰ってみましたら。

    「莫妄想」というお寺の張り紙。まくもうぞう、という言葉。

    悪い事が起こるんじゃないかという不安などにとらわれず、

    妄想などせずに、今やる事に取り組みなさい、 そういった意味の禅の言葉だそうです。

    過去ではなく未来を見なさい。そういう言葉。「とっととブログを書け」という意訳もできます。

    過去に残していっていいのは、チクリとひっ掻く初恋の傷(キングの影響)くらいであって、

    雑多な仕事の数々ではないので、どんどこ現実のお仕事はこなしていきなさいよっていう事ですね、

    昔の人もキビシー事を言いなさるな。本当の意味はまた各々お調べ下さい。

     

    当たらずとも遠からず、ご存知だった方にもそうでない方にも新たな発見があるかもしれません。

    言葉の意味は変わらず共、受け止める側の心持ちが変われば影響はかつてとは違ってくる事もあるかもしれません。

    やることやりな、とらわれずにやりな、自由にやりな、ってことなんでしょうな。

    でも、自由ってのも怖いんだぞぉ、って作中の竹田モモコさんも、得田晃子さんもいってましたし。

    どっちにせよ、やらなきゃなんも。って話です。

     

    FullSizeR.jpg

     

    それで、僕がこういう人たちに憧れているのは、結局頑張ってみても引っ込み思案なもんで。

    やいのやいのと楽しくお話するのが苦手になってきているようですね。

    でもそういうなかで、お願いできるのが、一番顔の怖かった泥谷さんでしたん。

    好感度、下げてませんよ。大丈夫です。

     

    今度7月24日に泥谷さんとテル子さんの子供ら的な凡タムさんと30×30でぶち当たりますんで、

    一緒に写真をとっていただきました。

    寝まーす。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM