ヴァスコ・ダ・ガマ@JR高槻駅のアルプラザ付近

0
    IMG_7328.jpg
    前から気になってた高槻駅の近くのカレー屋さん。
    ヴァスコ・ダ・ガマ。牛肉ごろごろカレーとゆうのをいただいた。生タマゴ込で。
    辛さは十分。
    日本カレーで、この辛さは嬉しいですね。
    ただ、辛けりゃいいとかそういう事ではなくて、甘さも含みつつ、しかし、例えば頭汗。
    僕は最近、新陳代謝が可笑しい。
    変だという意味ではなくて、面白い、という意味である。
    higeさんにも身体つきが分類的に面白い方になってきたと言われている。
    人体分類学、というやつですな。

    けれども!です、実はね少し太ってきた気がしていたら、ホントに太っていたんです。
    やばいやばいやばい。
    身体が重い、とか、僕の望むところではありませんけんね、
    でも、カレーが最近のマイブームだもんで、辞めるわけにもいきませんもんで。
    どうしようかとホントに悩ましい日々を送っております。
    ま、そしたら「食べるの我慢」が正解なんでしょう、が!
    食べても太らない身体を手に入れなきゃいけません。なるべく早急に。
    しかも、由あって映画やらなにやらいろいろとお調べ物をしなくちゃならないのです。
    インプットのシーズン。

    ところで、さてさて、高槻駅の近くの「ヴァスコ・ダ・ガマ」にいってきました。
    ここにはあんまり今後も行くチャンスがなさそうなんですけれども、
    僕は行けてよかったなと思いましたよ。
    なんて、こういうトッピングのお肉の美味しい事か。
    トッピングを怠けてるお店は数あれど、
    しっか!とゴロリとトロトロ柔らかお肉を乗っけてくれてるのは、
    ホントみてて清々しいですよ。

    辛さも割としっかりとしてたので、いつも言ってる天満の「梨花食堂」を思い出しちゃう。
    日本風カレーのスパイシーなやつ、僕、好きなんでしょうね。
    出汁風味の甘辛いのも嫌いやないんだけど、インドっぽいスパイシーも、
    日本風のスパイシーのも。とにかく、スパイシーが好きなんかしら。

    スパイシー、ってとんでもない造語ね。
    スパイスが効いてる、スパイシー。
    って、造語やと思ったら英語やった。まだまだ無知。もっと知りたいね。
    あぁ、そや!
    コツコツと宣伝させてもらいますと、「茶ばしら、」さんに出させてもらいます。
    本番まで後46日で、会場が小さいカフェなので、
    なるべくお早めのご予約をお願いいたしますね。よろしくお願いいたします!

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM