7月24日 出演のお知らせ 全日本超溶接工委員会「ちょっと足りない」

0

    この度は鈴木太海さんの企画する「全日本超溶接工委員会」という団体さんに声をかけていただいて、

    「ちょっと足りない」という作品に参加させていただきます。

    大阪、恵美須町の駅から徒歩10分くらいの劇場で、30分の芝居を交互にするというイベントです。

     

    火曜日のゲキジョウの30×30(サーティーサーティー)というイベントで、

    その名の通り、平日の火曜日にも演劇に触れる機会を作ろうと有志の方々が考えてくださった企画で、

    実は僕らで102回目のペアとなります。

    ペアっていうとあれですね、相手がいます。30分ずつの作品ということで、演劇の対バンのように思ってくださればよろしいかと。

     

    『全日本超溶接工委員会 × 凡タム』
     

    【日時】

    7月24日(火)
    18:30〜:全日本超溶接工委員会
    19:10〜:凡タム​
    19:50〜:全日本超溶接工委員会
    20:30〜:凡タム​

     

    【会場】

    IMG_1980.jpg

    in→dependent theatre 2nd

    ※この公演は、劇場運用の都合により通常と異なり2ndで開催いたします。ご注意ください!

    右下の赤い方です。

     

    【料金】
    予約 1,800円

    当日 2,000円
    ※チケット1枚で連続する2本を観劇できます。

    チケット予約はこちらをクリック!

    ↑備考欄に「白井」と書いてくださるととても嬉しいです。「世界」でもわかります。仕組み上ある程度の売上があれば後は団体さんの取り分になるわけなんですが、具体的には24人以上のご来場があれば団体的には大丈夫だということだそうです。今回は僕自身ノルマがあるというわけではないので、実際にお客さんを呼べなかったとしても痛む腹はありません。傷んでいるのは今の所むしろ腰で、確かに「にくづき」に「かなめ」と書いて腰と読む。腰を痛めるのはとっても怖いことで、寂しいことでもあります、孤独感との戦いなんだなぁと思います。そう、孤独。お客さんを呼べないというのはどんどんと孤独の循環につながっていくわけで、僕自身生きていていいのだろうかと夜な夜な悶々とするわけなんですよね。そういったわけで、もちろんこちらからも自信を持ってご来場のお願いをさせていただきますが、その後押しを「ご予約」という形でしていただけるとこれほど嬉しいものはないなというわけなんです。そういうことで、今回も、もちろん次の10月の本公演もですがお声がけさせていただきますので、今後とも宜しくお願い致します。

     

    全日本超溶接工委員会「ちょっと足りない」

    作・演出 上崎陽介
    出演・野倉良太、青野愛子、    、立花裕介、白井宏幸、平宅亮

    鈴木太海が2018年に立ち上げた演劇団体。

    [あらすじ]ちょっと足りない感じをモチーフにした作品だが、作者多忙につき情報がちょっと足りないため、あらすじは割愛。

     

    凡タム「モテキテキナコト」

    作・演出:小谷地希

    出演:小谷地希、たにがわさき(以上、凡タム)、鎌田恵弥、銭山伊織(演劇ユニット衝空観)、山田百合香

    小谷地とたにがわによるユニット。下地はコント。盛り付けは様々。

    [あらすじ]青年は信じていた。"それ"は、誰のもとにも等しくやって来るものである、と。

     

    現在台本も上がり、稽古も進んでおります、楽しく創作活動に取り組んでいる感がたくさんです。

    よろしければ、いつもより大きいゲキジョウで繰り広げられる30×30をみにきてくださいませ。


    #ちょっと足りない 稽古。

    0

      IMG_8127.jpg

      ようやっと稽古場でキャストが揃いました。

      コメディです。上崎ワールドを維持させるために僕らは早口でまくしたてつつ、ゆっくりと喋るのです。

      今回お邪魔してるのは鈴木太海くんが寄せ集めたメンバーで構成された「全日本超溶接工委員会」

      という団体です。ユニットみたいなもんですね。そこにお呼ばれしています。

      すごく結束力の高そうな名前ですね。一枚岩みたいな名前ですね。

      そんな鈴木太海くんは今週末に studio D2 さんというところの「萩家の三姉妹」という作品にお出になる。

      太海くん曰く「無駄な役の一人としていないお芝居」ということでとても気になっているのである。

      こっちだって、無駄なところなんてないよ、荒く通して38分かかったよ!

      30×30って企画だから次の上演時間まではイベント上きっちりと進めなきゃなんないから、

      30分以内に収めなきゃなんないから頑張ってる最中だよっとこら。

      ま、まま、やるっきゃないから、ママ。ね、ままがんばります。

      でも、今週は太海くんのお芝居あるから、太海くん頑張ってね!

       

      躍動感もありつつ、丁寧に。

      スピーディに、でも慎重に。

      僕の役どころを考えると、もう少し遊べそうな気もするんだけれども、2重に気持ちを考えないといけないから、

      ちょっと、大変。

      どうなんかなー、平熱で歩いてったほうが面白いのかなー、

      微熱でフラフラしてるほうが面白いのかなー、

      そういう「まどい」を感じながらやってます。

      ようよう考えながら、面白いお話になるように頑張ってますんでみにきてくださいね。

      まぁ、アップアップしてる人のほうが人間的に好きなんで、そっちによりそうな気はしていますけれど。

      まま、おたのしみ。

       

      30×30 pair102 全日本超溶接工委員会「ちょっと足りない」

       

      【作 演出】

      上崎陽介

       

      【出演】

      野倉良太

                     

      青野愛子

      立花裕介

      白井宏幸(ステージタイガー)

      平宅亮(本若)

       

      【日程】

      7月24日(火)

      18:30〜 僕らのお芝居

      19:10〜 相手チームさんのお芝居

      19:50〜 僕らのお芝居

      20:30〜 相手チームさんのお芝居

       

      【会場】

      IMG_1980.jpg

      in→dependent theatre 2nd

      ※このイベントはいつもはin→dependent theatre 1stってところなんですが、今回は2ndなんです。色々あって。

       

      ご予約はこちら→ https://www.quartet-online.net/ticket/180724?m=0iijfca

      備考欄に「白井」と書いてくださると嬉しいです。

       

      よろしくおねがいしまーす!


      | 1/1PAGES |

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM