白井宏幸の過去出演作品、並びに今後の出演予定など。

0

    白井宏幸
    1980年5月5日生まれ 牡牛座 AB型
    168cm

     

    ★★RECORDS★★

    2017年 海老名ジ・インディーズ映画祭にて入選(エントリー作品「ユニバーサル・グラビテーション」)

    2017年 手のひらフェスティバル2017にて総合ランキング4位/観劇ビギナー大賞(エントリー作品「アップ・ダディ・ダウン」)

    2017年 いわきポレポレ映画祭ショートフィルム部門にてサンシャイン賞受賞(出演作品「ユニバーサル・グラビテーション」)

    2016年 Filmapalooza2016にて「Best Acting Male」受賞(出演作品「ウェルテル無頼」)

    2014年 INDEPENDENT:14【trial】 1位通過

    2006年 一心寺シアター倶楽・七五三企画演劇賞 最優秀助演男優賞

     

    ⬇︎白井宏幸 今後の予定⬇︎

    10月22日 48 Hour Film Project 2017 上映会 詳しくはこちら

    10月28日〜29日 帰ってきたエキチカヘブン (baghdad cafe'さんの演目に参加) 詳しくはこちら

    11月17日〜19日 ステージタイガー「クロス×シーン」 詳しくはこちら

     

     

    ⬇️2017年の出演作品一覧はこちら⬇️


    クロス×シーン 11月17日〜19日 のお知らせ

    0

      IMG_5384.png

      もちっと情報は更新されてきますけれども、ステージタイガーが本公演をします!
      伊丹アイホールにて最新作の「クロス×シーン」という作品を上演致します。
      新しいメンバーを加え、劇団だからこそできる心揺さぶる作品を客席にお届け致します。
      メンバー全員で肉体を鍛え上げ、一丸となって挑みます。

      いるかいらないかはわかんないけれども、筋トレはいつもやってますから。

      ステージタイガー#008
      「クロス×シーン」

      【公演日時】
      2017年 11月17日(金)〜11月19日(日)
      11月17日(金)19:30〜
      11月18日(土)14:00〜/18:00〜
      11月19日(日)13:00〜/17:00〜

      【会場】
      アイホール(伊丹市立演劇ホール)
      IMG_5409.JPG

      【料金】
      一般 前売り3500円 当日4000円 
      学割1000円(大学生含む、要学生書提示)
      ※開場は開演の30分前、受付開始は45分前
      ※小学生未満など、お子様の場合はご相談ください
      ※全席指定席

      【チケット予約】

      http://ticket.corich.jp/apply/86444/002/

      【作演出】
      虎本 剛

      【出演】
      谷屋俊輔
      白井宏幸
      アミジロウ
      梅田脩平
      ザキ有馬
      鍋海光
      小林聖也
      椿優希
      小野愛寿香
      南由希恵
      竹林なつ帆
      虎本剛(以上 ステージタイガー)

      宮川サキ(sunday)

      Zキャスト(日替わりゲスト)
      11月17日(金)19:30〜 野村有志(オパンポン創造社)
      11月18日(土)14:00〜 とみずみほ/18:00〜 ネコ・ザ・ポンティ (元ステージタイガー)
      11月19日(日)13:00〜 大熊隆太郎(劇団 壱劇屋)/17:00〜 伊藤えん魔

      【あらすじ】
      境北口駅。
      そこは東西南北に線路が交差する『ダイヤモンドクロッシング』を持つ、「人生の分岐点」と呼ばれる小さな駅。
      山から海。田舎から都会。
      多くの人がその駅を訪れ、そして去っていく。

      そこに併設された郷土資料館で働く保坂優輔は、生まれてから一度も地元を離れた事が無い。
      夢を追う者も。諦め、帰っていく者も。ずっと彼らを見守り続けてきた。

      そんな保坂の息子が東京へ向かうという。
      「一つの場所に縛られた父さんの人生はつまらない」と。
      保坂は、思い出す。
      かつて仲間と懸命に走った日々。
      そして走れなくなった日々。
      自分がここに留まり続けた意味を。

      人生と、時代と、風景が走りながら交差する、ランニングクロス演劇が誕生!
      ステージタイガーは走る! 電車よりも速く! 誰よりも優しく!

      情報は随時公開していきますので、よろしくお願いいたします!


      めいめい

      0

        IMG_6040.jpg

        出演します!

        また、若い希望に満ち溢れたやつらの役に立てると思うと!

         

        【舞台製作コース 卒業制作公演】
        2017年度 日本写真映像専門学校 映像クリエイション学科
        舞台製作コース 卒業制作公演
        「めいめい」
        脚本:阿部加代子
        演出:虎本剛(ステージタイガー)
         

        【日程】

        2018年2月3日(土)〜4日(日)

         

        【会場】

        近鉄アート館

         

        【出演者】

        アミジロウ

        小野愛寿香

        ザキ有馬

        白井宏幸

        谷屋俊輔

        南由希恵

        小林聖也

        竹林なつ帆

        椿優希   以上ステージタイガー

         

        井路端健一(演劇集団ザ・ブロードキャストショウ)

        和泉有馬(激富/GEKITONG)

        岩田幸雄(東京ガール)

        大城戸洋貴

        喜多村夏実

        さとうれいな

        澤井里依(舞夢プロ/EVKK)

        西分綾香(劇団壱劇屋)

        安封香音(EN-SUITA)

        陽湖

        森島雅

        れっどどぅどぅ

        三田みらの

         

        なかなか素敵なキャストが揃いましたねぇ。

        情報は今は小出しにしていますが。

        もう少しお待ちくださいね。


        助演するよ、世界が。 #クロスシーン #48HFP

        0

          IMG_6087.jpg

          一個一個、ブログを書いていきたいと思うんですが、

          あっちもこっちも、なんかたくさんありすぎて、てんやわんやです。

          フェイスブックにツイッター、このブログに、劇団ブログ。アメブトにミクシーにインスタグラムにラインになんだかんだ。

          あっちに書いてこっちに書いて、こっちに書いたことはあっちに書きにくかったり、内容が似てしまっていたり。

          こっちのブログもわりと見ていただいている方がいらっしゃるのが心の支えでございますよってに。

          まぁ、自分のブログですからね。好きに書かせていただきますよ。

           

          こないだ、助演男優賞をいただきました。

          一昨々年かな、カンヌに連れて行ってくれた48Hour Film Projectの大阪大会で。

          作品賞は残念ながらいただけなかったみたいなので(白井は稽古中だったので詳細は人づてに)、

          パリの大会には行けません。

          ちょこっと説明いたしますと、大阪と東京、あと世界各地の都市、それも一つや二つではなくって、150都市くらいかな、

          そのくらいの数の都市で、日本と同じように48時間で映画を作る大会が行われているんです。

          今回は僕はその大阪での大会の「助演男優賞」をいただいたんです。

          一昨々年は、大阪大会では何もいただけなかったんですが、「ウェルテル無頼」という作品が作品賞をいただいたので、

          僕らの作品がアトランタで行われる「Filmapalooza」という映画祭に出展されたんです。

          そこで、同じように世界各地で勝ち上がった「作品賞」の作品をみくらべられたうえで、

          僕がいただいたのが「最優秀主演俳優賞」!

          アトランタで賞をいただいたご褒美にカンヌ国際映画祭主演映画が上映される運びになったのです。

          これが、僕が自称世界の白井と行っている経緯であります。

          誤解されやすいのが「カンヌで表彰されたり、賞をいただいたわけではない」ということ。

          まぁ、そこのところは別に構わないのですが。都度、訂正させていただくことはありますがご容赦。

           

          そして、その「Filmapalooza」っていうのが今年はパリで行われるんです。

          世界各地の短編映画の強豪校の集まる甲子園みたいな感じですね。短編映画殴り合い。

          毎年いろんな都市で行われています、一昨々年はアトランタ、シドニーとか、今回のようにパリとか。

          大阪大会で作品賞をいただくことはできなかったので、おそらく「Filmapalooza」への出場資格はありません。

          残念ながら、今年は「大阪の白井」です。

          でも、めちゃんこ嬉しいです。助演男優賞ですから。たくさんの作品のなかで選んでいただけるだなんて。

          そして、もう、調子に乗って言うならば、僕が出ていた映画は、出演者が本当にたくさんいてて。

          別に僕のポジションなんて、「助演」とつくような、いわゆる、2番手というポジションではなかったんです。

          IMG_6096.jpg

          観客賞の3位もいただけて、お褒めにあずかり光栄の至りです。

          お客さんが、いいね、って言ってくれた何番目かなんだから(2グループあるうちの片方のグループの3位なんです)。

          みてくださったかたが、よかったよって言ってくれるのはもう超嬉しくって

          まだまだ頑張れる気がしています。

          もう、演劇の方は向いていないんだろうなぁとか思いながら。稽古に勤しんでおります。

          11月23日(木)から27日(日)にゲキゲキさんが「1000年の恋」って作品をされます。

          今回のシネマズギックスのチームに劇団から3名も出演だとか演出だとかで関わってくれた団体さん。

           

          こっちの話が長くなっちゃって、そろそろ明日の準備もしなくっちゃいけないくらいなんだけれども。

          早めに寝なきゃだし、なんなら、お知らせを、しなくちゃなんですが。

          映画でなら結果をコツコツ残せる白井が、演劇では手足をばたつかせながらもがいています。

          お話はとてもいい話。どなたのこころにもフックがかかって、きっと、見た方がそれぞれいろいろな情景を思い浮かべるお芝居。

          僕のお芝居に絡めとられるのはどんな生き方をしてきた人なんでしょうか。

          そういうたのしみかたもありますね。そんなお芝居です。

          見に来てくださる人がいて初めて完成するお芝居といっても過言ではないでしょう。

          ただただ、はじまりがあって、なんやかんやあって、終わりがやってくる、といったストーリーのお芝居ではない。

          感じて、繋がって、持って帰ってもらえるお芝居になるように頑張っています。

          IMG_6098.jpg

          ここから先は完全に宣伝モードではありますけれども、予約フォームだとかそういうものもありますんで、

          ご予約いただけたら超嬉しいです。

          写真と文章のバランスがとんでもなく最悪ですが。

          もう夜も更けてきているので、あしからず。

          それではみなさま、お休みなさい。

          起きてからこのブログを読んでくださった方はおはようございます。

          僕は明日の用意をして眠りますね。それではみなさま、朝から頑張って行ってらっしゃい。

          IMG_5384.png

           

          ステージタイガー#008 「クロス×シーン」

          【公演日時】
          2017年 11月17日(金)〜11月19日(日)
          11月17日(金)19:30〜
          11月18日(土)14:00〜/18:00〜
          11月19日(日)13:00〜/17:00〜

          【会場】
          アイホール(伊丹市立演劇ホール)
          IMG_5409.JPG

          【料金】
          一般 前売り3500円 当日4000円 
          学割1000円(大学生含む、要学生書提示)
          ※開場は開演の30分前、受付開始は45分前
          ※小学生未満など、お子様の場合はご相談ください
          ※全席指定席

          【チケット予約】

          http://ticket.corich.jp/apply/86444/002/

          【作演出】
          虎本 剛

          【出演】
          谷屋俊輔
          白井宏幸
          アミジロウ
          梅田脩平
          ザキ有馬
          鍋海光
          小林聖也
          椿優希
          小野愛寿香
          南由希恵
          竹林なつ帆
          虎本剛(以上 ステージタイガー)

          宮川サキ(sunday)

          Zキャスト(日替わりゲスト)
          11月17日(金)19:30〜 野村有志(オパンポン創造社)
          11月18日(土)14:00〜 とみずみほ/18:00〜 ネコ・ザ・ポンティ (元ステージタイガー)
          11月19日(日)13:00〜 大熊隆太郎(劇団 壱劇屋)/17:00〜 伊藤えん魔

          【あらすじ】
          境北口駅。
          そこは東西南北に線路が交差する『ダイヤモンドクロッシング』を持つ、「人生の分岐点」と呼ばれる小さな駅。
          山から海。田舎から都会。
          多くの人がその駅を訪れ、そして去っていく。

          そこに併設された郷土資料館で働く保坂優輔は、生まれてから一度も地元を離れた事が無い。
          夢を追う者も。諦め、帰っていく者も。ずっと彼らを見守り続けてきた。

          そんな保坂の息子が東京へ向かうという。
          「一つの場所に縛られた父さんの人生はつまらない」と。
          保坂は、思い出す。
          かつて仲間と懸命に走った日々。
          そして走れなくなった日々。
          自分がここに留まり続けた意味を。

          人生と、時代と、風景が走りながら交差する、ランニングクロス演劇が誕生!
          ステージタイガーは走る! 電車よりも速く! 誰よりも優しく!

           

          是非ともお待ちしておりまっす!


          見に来て欲しいと思っております。

          0

            IMG_6067.jpg

            なんだかんだで本番10日前を切ってしまいました。

            お知らせがぜーんぜん追いついていなくって申し訳ない気持ちで、現在も、

            すこしづつ、すこしづつ、一人一人にメッセージを添えておメールだとか、

            おダイレクトメールだとか、おラインだとかを送らせていただいています。

            もちのろんで、ツイッターとか、フェイスブックとか、ラインとか。

            こう流れていく感じの宣伝媒体は使っているんですけれども、

            僕はそういう発信するだけのツールを使っているだけで、どなたかが予約を入れてくださるなんてことないもんで。

            (それでも、ほんとうにありがたいことに、すこしだけ、いらっしゃいます。

            こちらからお願いもしていないのに(言葉通りの意味です)、連絡するよりも先に予約を入れてくださる。

            もう、ほんとにほんとに嬉しいです。

            こっそり予約入れてくれる人もいれば、連絡くださる方もいらっしゃいます。

            嬉しくてたまらんのです。

             

            とはいえ、あんまり、こう、なんというか「お願いしますね」って言えていないのが現状です。

            というか、今更遅いじゃん、っていうタイミングです。

            来週末ですからね、本番。17日の金曜日から19日の日曜日。伊丹のアイホールにて。

            友達とか、家族とか、身の回りにいる人を大切にする人たちが出ているお話です。

            おっ、いま、登場人物に焦点を当ててみると、なんとなくお話の雰囲気が広がりました、

            僕の頭の中で。

            なんというか、ストーリーの中にあるドラマを、割と重視して考えていたんですが、

            「どういう人たちが出ている?」っていう見方をすることで、サッと一瞬だけ頭の中がイイ感じになった。

            まぁ、僕の考えなんていうのはどうでもイイんです。

             

            いま、すこしづつ、お知らせをしています。

            あまり会ったことのない方にも、最近疎遠になっちゃった人にも、

            僕のこと覚えてないだろうなぁと思いながら、僕だって顔も忘れてしまっているかもしれないなぁなんて思いながら。

            情けない話だし、申し訳ない話なんですけれど、見てもらわないことには、話にならないもんで。

            恥を忍んで、たくさんの人に連絡をさせていただいています。

            それを言っておきながら、このブログを読まれている方の中に、まだ連絡がない、って方もいらっしゃるかもしれない。

            とんと、追いついていないわけです。

            最近連絡もしてこなかったくせに、宣伝だけはちゃっかり送ってきやがって、っていう批判もそんなに上がらないくらいに。

            何が言いたいかというと、お願いなので、みにきてください。ということなんです。

            作品も、まだあらがあって仕方ないんですけれど、本番までには、目の前で見ていただけるに値するものを作りますから。

            その、ちゃんとがんばるんで、みにきてください。

            FullSizeR.jpg

            こんな書き方するならば、こういう写真はどうも合わないなぁと思いながら。

            短い時間ではありましたが、いろんな人に助けられながら、僕もなるべくいろんな人の力になりながら、

            足りないままにもがんばっています。

            同じような内容をフェイスブックにもあげるかもしれません。

            ラインとかツイッターにも書くかもしれません。

            人に頼らないとやっていけないので、ちょっとした弱音とともに、でも、いいもの作っているので、

            みにきてください。

            できるかどうかわからないけれども、やるしかないんです。

            いま、なんとなく聞き流しているネットの映画評論家さんの言葉が励ましてくれています。

            「ガッツがない奴は神は助けない」「信仰への跳躍」だとか。

            だといって、こんなギリギリの時期に連絡するだなんてどうかしてるとは思うんですが、

            だからと言って、やらないわけにはいかないのであります。

            僕にできるほんの少しの歩み寄り方でもって、お知らせをさせていただいていきます。

            なるべく関わっていきたいなって思っているんです。

            なので、連絡が届いた方は、「あぁ、きたきた」って思ってくださいな。

            優しく見守ってください。もしくは厳しく叱ってください。

             

            IMG_5384.png

             

            ステージタイガー#008
            「クロス×シーン」

            【公演日時】
            2017年 11月17日(金)〜11月19日(日)
            11月17日(金)19:30〜
            11月18日(土)14:00〜/18:00〜
            11月19日(日)13:00〜/17:00〜

            【会場】
            アイホール(伊丹市立演劇ホール)
            IMG_5409.JPG

            【料金】
            一般 前売り3500円 当日4000円 
            学割1000円(大学生含む、要学生書提示)
            ※開場は開演の30分前、受付開始は45分前
            ※小学生未満など、お子様の場合はご相談ください
            ※全席指定席

            【チケット予約】

            http://ticket.corich.jp/apply/86444/002/

            【作演出】
            虎本 剛

            【出演】
            谷屋俊輔
            白井宏幸
            アミジロウ
            梅田脩平
            ザキ有馬
            鍋海光
            小林聖也
            椿優希
            小野愛寿香
            南由希恵
            竹林なつ帆
            虎本剛(以上 ステージタイガー)

            宮川サキ(sunday)

            Zキャスト(日替わりゲスト)
            11月17日(金)19:30〜 野村有志(オパンポン創造社)
            11月18日(土)14:00〜 とみずみほ/18:00〜 ネコ・ザ・ポンティ (元ステージタイガー)
            11月19日(日)13:00〜 大熊隆太郎(劇団 壱劇屋)/17:00〜 伊藤えん魔

            【あらすじ】
            境北口駅。
            そこは東西南北に線路が交差する『ダイヤモンドクロッシング』を持つ、「人生の分岐点」と呼ばれる小さな駅。
            山から海。田舎から都会。
            多くの人がその駅を訪れ、そして去っていく。

            そこに併設された郷土資料館で働く保坂優輔は、生まれてから一度も地元を離れた事が無い。
            夢を追う者も。諦め、帰っていく者も。ずっと彼らを見守り続けてきた。

            そんな保坂の息子が東京へ向かうという。
            「一つの場所に縛られた父さんの人生はつまらない」と。
            保坂は、思い出す。
            かつて仲間と懸命に走った日々。
            そして走れなくなった日々。
            自分がここに留まり続けた意味を。

            人生と、時代と、風景が走りながら交差する、ランニングクロス演劇が誕生!
            ステージタイガーは走る! 電車よりも速く! 誰よりも優しく!


            エキチカヘブン回想

            0

              IMG_6041.jpg

              先日の土日、台風の直撃の中、エキチカヘブンへの出演を果たしてまいりました。

              僕はbaghdad cafe'さんの手先となり、20分程度の会話劇に参加してきました。

              堺駅から歩いて5分ほどのところにあるpangeaというカフェスペース。

              名前はまだなゐという団体さんが主催するイベントお祭りイベント。

              多彩な差異のある才が集まっていろんなことをするというイベント。

              いろんな人がいろんなことを楽しんでやって、

              見ている人もいろんな角度からみて、楽しんだり、のんびりしたり、

              よしもあしも、いろいろ。なんでもあり。お気に召すまま。というような感じのイベントでした。

               

              ここに至ってしまったので、本当だか嘘だか判別つかないことを言ってしまいますが、

              baghdad cafe'の「JASH」という作品は、動きたくない、大きな声を出したくない、

              そんな一瀬さんの願望を叶えるような作品でした。

              地震でカラオケボックスに閉じ込められた人たちがマイク越しに会話をする、という設定のものです。

              ということを書いてしまっていいのかしら。まぁいいか、怒られたら誤って消そう。

              僕の個人的な感想としては、マイク越しだろうと何だろうと、会話の、成立するかどうかっていうのは

              相手の言葉を受け止めているかどうか、ということになるんだと思っており。

              でもそうなると、マイクでの会話劇って、本当に面白いなぁ。って思ったあたりでゲームセットと相成りました。

              面白さを感じて、もう少し遊びたいもう少しもう少し、って思いながら残された3分ほどを楽しむ。

              そんな感じでした。(お話自体は20分弱あったんですが、僕の登場は後半なので)

              会話のリズムをせっかく稽古で作ってきたのに、それを壊し出してそれが楽しいとわかって、

              そしたらあっという間に終演。という、腹八分目にもみたない感じの終わり具合でした。

              マイクでのお芝居なんてのは面白い取り組みだなぁと思うんです。さすがは泉寛介である。

              彗星マジックさんの「テレグラキ」は圧巻でありましたし、成瀬トモヒロさんは悲喜哀でありましたし、

              ThE 2VS2はえなちゃんに会えてよかったし、西村さんとかたねちゃんとか。

              ロープマン(39)はアルコール中毒だったし、SYSの男性の方は風邪を治してください。

               

              全部について語れるべくもなく、

              なんだかんだと眺めているうちに1日が過ぎていって、

              台風もどっかへ行ってしまって、綺麗な夕焼けが見えるなぁって思っていたら終わってしまっていました。

              いつもの無い物ねだりがここでむくむくとおきあがってくる。

              音楽ができたらいいなぁとか、あんなタイプのお芝居、こんなタイプのお芝居、

              漫才、コント、絵を描く、お酒を飲む、タイピングをする。

              いろんなひとがいていい。それを楽しんだっていいし、楽しまなくたっていい。

              どっちも自由。固苦しくなくっていい。仲良くなったって、仲良くならなくたっていい。

              なんかそんな感じのイベントだったように思いました。僕には。

              勝手な解釈かもしれないけれど。おもてなし、とはちょっと遠いところにいたようにも思いました。

              (それが悪いことだとは一定はおりませんのでね。)

              みんなが思い思いにたのしめばいいじゃん。というかんじ。

              IMG_5992.jpg

              初めてのbaghdad cafe'は僕には過ごしやすい環境でよかったです。

              楽したい目的でのコンセプトだったようなのに、案外とハードというか、おもてたんとちがう。って

              一瀬さんはなんども心の中で言ってたと思う。

              僕は、先にもお伝えしたように、勝手に楽しみ方を考えておりました。

              面白いミスもしたけれど。

              またご一緒して何か作りたいと思います。

              けっこうギッチギチのスケジュールだったけど、無理言って出させてもらってよかった。

              月曜日がおやすみで、僕がお金持だったら、もっといろいろ楽しめたのになぁと。

              そんなふうに思います。

              イベント、って名残惜しいもんな。

               

              ご縁に感謝。

               

              って締めていいんだろうか。

              読み物として、おもしろを描くには、いろんなひとがいたよって。

              写真付きでもっともっと紹介するべきなのかもしれない。

              けれどもどちゃくそねむたいので、また後日nyi-maに杉田さんに会いに行けばいいんだ、そうしよう。

              寝よう。


              いのちを見つめるシリーズ10 〜フードセラピスト牧統順一〜

              0

                IMG_5732.jpg

                今年も猟奇的な映画祭に参加してまいりました。

                撮影の雰囲気なんかはもう以前のブログで書いていますので。

                海外で活躍する写真家さんに撮ってもらった写真を使いまわしさせていただきます。

                本編の映像も実はネット上にあがっておりましてね。使ってもいいそうですんで。

                それならばと、たくさんの人に見ていただきたく。ご紹介。

                映像に関わることができたおかげさまで、僕の演技に対する考え方ってのがどんどんと変わってきました。

                なんか、がんばらなくっていい。っていう感じ。

                それでも、案外認めてくれる人がいるっていうことを素直に喜べるようになった。

                逆に僕も、そういう接し方ができるようになった。

                作品性にもよるけれども。

                 

                と言って、僕も、「うまくなる」ことができるんだったらうまくなりたいけれど。

                基準はそこじゃない。

                作品に沿っているかどうか。かなぁ。

                研究と経験と勘と知性と根性と努力と筋トレと思い込みと勘違いと。

                いろんなものが必要になるけれども、努力とか研究をもっと大事にしなくっちゃいけない。

                自分らしさ、っていうのは「楽していい」ってのとは違うんで、

                どうやって作品に噛んでいくか、跡を残していくか、ってことなんだと思っています。

                なんか、グダグダと書いても仕方ないですねぇ。 玉ねぎを演じた白井をご覧ください。

                通算、4回。

                48HFPに参加しました。

                そのうち、3回脱いでいます(磯部監督は脱がしてくれなかった)。

                だからなんだってお話なんですが。

                携わっている以上、他の方の演技や作品や、芝居を見ることはどんどん増えていって。

                嫉妬しない日はありませんね。もう、心の中はぐっちゃぐちゃです。

                あんな風になりたいとか、そりゃもう、中身の分も見た目の分も、自分の努力不足や、環境についてとか。

                無い物ねだりをしまくっていて。

                それでも、ありがたいことに「それでいいよ」って人が周りに少しづつ増えていってくれるんです。

                僕には勿体なさすぎるそういうありがたさに対して、できるのは本当に努力と、勉強と、研究と、なんやかや。

                 

                このセリフにはどんな意味があるのか。

                自分は作品の中でどういう役割を果たしているのか。とか。

                あー。

                違うなぁ、受けのいいブログってこんなんじゃないよなー。

                一行ずつ行間開けながら、

                 

                 

                みんなに出会えてよかった

                 

                とか、

                 

                この出会いを大切にしたい

                 

                とか、

                 

                耳障りのいい言葉の羅列を、感謝の気持ちをそえながら

                 

                 

                たまに2行くらいあけてみて

                 

                ありがとうとか

                 

                はー、くだらない。

                IMG_5731.jpg

                ご縁は感じているし、出会ってくれてありがとうも、もちろんありますから。

                それは、できる限り、ざっくりとじゃなくって、心と言葉を尽くして、語りたいんさ。

                 

                あ、それとですね、今度の11月10日の金曜日、

                今回の48HFPの結果発表がございます。

                また、何がしかのいい発表ができたら嬉しいなぁと思っていますよ。

                芸能人さんのブログでも読んで研究しなきゃですわな。

                 

                こちらもよろしくお願いいたしますねっと。

                IMG_5384.png

                 

                ステージタイガー「クロス×シーン」

                 

                【公演日時】

                2017年11月17日(金)〜11月19日(日)

                11月17日(金)19:30〜

                11月18日(土)14:00〜/18:00〜

                11月19日(日)13:00〜/17:00〜

                 

                【会場】

                アイホール

                JR伊丹駅すぐです。

                 

                【料金】

                一般 前売り3500円

                学割1000円(大学生含む、要学生書提示)

                ※開場は開演の30分前、受付開始は45分前

                ※全席指定席

                 

                【チケット予約】

                http://ticket.corich.jp/apply/86444/002/

                直接ご連絡いただいても承ります!

                 

                Zキャスト(日替わりゲスト)

                11月17日(金)19:30〜 野村有志(オパンポン創造社)

                11月18日(土)14:00〜 とみずみほ/18:00〜 ネコ・ザ・ポンティ (元ステージタイガー)

                11月19日(日)13:00〜 大熊隆太郎(劇団 壱劇屋)/17:00〜 伊藤えん魔

                 

                どうぞ、お待ちしております。


                エキチカヘブンへの出演情報です!

                0

                  IMG_5730.jpg

                  なんの因果か「帰ってきた エキチカヘブンファイナル」に出演させていただくことになりました。

                  なんの因果か、というとbaghdad cafe’さんの演目に出演します。

                  そういうことでございます。

                  もしもお時間ございましたら遊びに来てください。

                   

                  ■□■『帰ってきた エキチカヘブンファイナル』□■□

                   

                  【日時】

                  2017年10月28日(土)&29日(日)

                  10月28日(土)14:00

                  10月29日(日)13:00

                  ※開場時間は各30分前より。各日開演時間が異なります、ご注意ください!

                   

                  【会場】

                  コミュニティカフェ pangea

                  IMG_5561.JPG

                  〒590-0895 堺市堺区戎島町5丁9番

                  (南海難波駅より南海本線堺駅まで急行で10分、堺駅より徒歩5分)

                   

                  【料金】

                  1DAY  3,000円(別途1ドリンク 500円必要です。)

                  2DAYS  4,000円(別途2ドリンク1000円必要です。)

                  ※中学生以上は入場料が必要です。3歳以上〜中学生未満はドリンク代500円のみ必要です。

                   

                  【チケットご予約】

                  チケットは各日70枚限定となっております!お早めにご予約ください!

                  https://www.quartet-online.net/ticket/ekichikaheaven2017

                  (備考欄に「baghdad cafe’」「バクダッドカフェ」とご記入ください)

                   

                  名前はまだなゐ情報ブログ

                   

                  【出演】

                  10月28日(土)13:30 開場

                  14:00〜 名前はまだなゐ《日常+POP》

                  14:35〜 ArtistUnitイカスケ 毀〆諭

                  14:45〜 ThE 2VS2《演劇・ショートコメディ》

                  15:05〜 baghdad cafe'「Jash」《演劇》

                  15:30〜 再生会《ROCK》

                  16:10〜 コレクトエリット《演劇》

                  16:30〜 ИEUTRAL《芝居》

                  16:45〜 イベント★

                  17:15〜 芝居紳士《くくれない》

                  17:35〜 OTO16《芝居》

                  17:55〜 the cherish《パフォーマンス》

                  18:15〜 ArtistUnitイカスケ◆毀〆諭

                  18:25〜 彗星マジック《素敵な演劇》

                  18:55〜 後日改メ《演奏とうた》

                  19:35〜 超能力屋のガンチャン《超能力》

                  19:55〜 ROPEMAN(39)《パフォーマンス》

                  20:20〜 わたなべゆう《アコースティックギター》

                  20:50  終演

                   

                  10月29日(日)12:30開場

                  13:00〜 ArtistUnitイカスケ 毀〆諭

                  13:15〜 芝居紳士《くくれない》

                  13:40〜 SYS《機能単位式電子POPプロジェクト》

                  14:20〜 コレクトエリット《演劇》

                  14:40〜 baghdad cafe'《演劇》

                  15:00〜 ★イベント

                  15:40〜 成瀬トモヒロ

                  16:00〜 ROPEMAN(39)《パフォーマンス》

                  16:25〜 SIRMO STAD《ロック》

                  17:05〜 シゼンカイノオキテ《ROCK》

                  17:45〜 ArtistUnitイカスケ◆毀〆諭

                  17:55〜 ИEUTRAL《芝居》

                  18:15〜 彗星マジック《素敵な演劇》

                  18:45〜 かぼちゃワインS《JPOP》

                  19:30〜 Lainy J Groove《JAM/HIP HOP》

                  20:10〜 名前はまだなゐ《日常+POP》

                  20:40  終演

                   

                  エキチカヘブンファイナル2から4年の月日が流れました。

                  エキチカヘブンファイナルの翌年に開催したファイナル2により

                  「ファイナル詐欺」と言われたのも今や昔。

                  本当にファイナルだったのか・・・と思い始めていた皆さんに朗報です。

                   

                  エキチカヘブンファイナルが帰ってきました。

                  その名も「帰ってきたエキチカヘブンファイナル」

                  まんまやん!しかもファイナルのまんまやん!

                  そう、今回もファイナルのつもりでやります。

                  帰ってきたとこを返り討ちにするぐらいのつもりで思いっきり出し切ります。

                   

                  エキチカヘブンは音楽あり、芝居あり、昼寝あり、お酒あり、おしゃべりあり、のんびりありの

                  一人一人それぞれの楽しさを見つけ出してもらうイベントです。

                  笑ったり、空を眺めたり、海を見つめたり、そこに流れる音や声を感じたり、その一つ一つがイベントです。

                  お客さんも出演者もスタッフも垣根を越えて一緒にエキチカヘブンを作りあげましょう!!

                   

                  祭りだ!祭りが、帰ってきた!


                  誰が好むかはわからないですが。エキチカヘブン

                  0

                    FullSizeR.jpg

                    明日が本番。最終稽古をしてまいりました。

                    だいたい15分から20分くらいの間のお芝居です。や、そんなに安定していないわけじゃないですが。

                    エキチカヘブン baghdad cafe'「JASH」

                    僕勝手にブラインド会話劇って言っていますけれど。

                    僕が何時ぞややったような「会話劇部」で試してみたような空気感のあれこれとはまた違う作り方。

                    会話劇?っていうとどうも違う感じもするけれど。アクションではないし。サスペンスでもないし。

                    まぁ、そこはかとなく会話劇だとは思っているのです。

                     

                    20分もないお芝居ですけれど、一回通すとなんだかクッタクタ。

                    慣れていないことをしているからという感じがしています。

                    いつもやっているような気持ちのやり取り、というのとはまた違ってて。

                    あれはあれで「やり取り」が存在するので、どちらかというとゆっくりできたりもします。

                    本当はゆっくりやるのとはまた違うんだけれど、ある程度整理してからできる、というのがいい。

                    ということにしておきます。厳密にはちょこっと違うんだけれど。

                    FullSizeR.jpg

                    ま、とにかくいつもの感じとはちょこっと違う稽古場に戸惑いつつも、楽しんでいます。

                    スピーディなのはあんまり得意ではないんですけれどもね。もう少し、ぶっ込んでみるチャンスはありそうな気もします。

                    なんというか、人と人の気持ち、っていうのはとりあえず他所へ避けておいて、っていう作りをしてるんだけど、

                    そういうのをもう少し突き詰めていってもいいかもしれないなっていうのを最後の稽古の帰宅後に思ったんです。

                    いつもと同じことやってても仕方ないなと。遊んでみることのできる台本なので。

                    共演者さんには申し訳ないけれど、少し、遊べるところを探してみようと思うよ。

                    誰が喜ぶかなんてわかんないと思うけれど、写真を3枚載っけてみます。

                    稽古中は全然そういう余裕がないもんでしてね。

                     

                    どういうことかと、ははぁんって思ってもらえると思うんだけれども。

                    稽古場で相手の役者さんとあんまり目を合わせることがないんですわ。

                    あんまりというか全然。そういうお芝居なのです。

                    逆にテンポが上がってもあんまりよくないかもしれないし、空気読んでもダメな感じで。

                    どうもね、うまくいかない感じが面白そうな、そんな印象なのです。

                    だから、僕らに手ごたえがない今っていうのは、割と面白く思ってもらえるタイミングなのかもしれない。

                    FullSizeR.jpg

                    初めてのbaghdad cafe'さんに読んでいただいて、それが嬉しいと思っていますよ。

                    「会話劇部」にもbaghdad cafe'の演出家の泉寛介さんもきてくれましたしね。

                    その時に色々とお話しして、ちょっと心の共通項を感じたところはあったので、その辺から、だったのかな。って、

                    そんな風に思ってもいます。

                    ご縁ですわ。

                     

                    ま、できるだけのことは頑張ります。

                    空間的な制約があったり、とある小道具を使うことによって、どうなるかまだわかんないんです。

                     

                    今日と明日。

                    帰ってきたエキチカヘブンファイナル。堺駅にて。

                    駅の近くの倉庫でやります。是非とも見に来てくださいませ。

                    詳しくはこちらのブログを見てみてくださいませ!

                    早く寝なきゃ。おやすみなさいまし。


                    Osaka 48 Hour Film Project 2017 プレミア上映会

                    0

                      IMG_5763.JPG

                      白井が毎年お世話になっている「48 Hour Film Project」が、今年もやってまいりました。

                      今年は馬杉雅喜監督のシネマズギックスというチームに寄せていただき、上映される運びとなりました。

                      撮影の雰囲気なんかはこちらのブログ記事をご覧ください。

                      今回はグランフロントのナレッジシアターという大きな会場で行われますので、

                      これまで以上にたくさんの人の目に触れることができたらいいなと思っています。

                       

                      【日時】

                      10月22日(日)

                      GroupA 12:30〜 

                      GroupB 17:00〜

                      ※いずれも開場は上映開始の30分前

                       

                      【会場】

                      ナレッジシアター グランフロント大阪北館4階

                       

                      【料金】

                      1,000円/プログラム

                      1,000円で15本程度の短編映画作品が見られるということです。

                      2,000円あれば両グループの映画を全て見ることができます。

                          

                      【Group A】

                      中野メソッド『バーピーコイン マッスル革命』

                      gomaora『JUMP』

                      Captain Movie『恋文』

                      NTKS『Fight for what』

                      衣笠竜屯『りんごのカケラ』

                      West Village『俺たちにも明日が来る』

                      サンプラザたまんないディスク_タダ

                      Ten Qu『四つ葉』

                      舛本組『ミツクニ家の一族』

                      HsjimeCreativr Harbor『雨の日 家は夢を見る』

                      SAGITTARI『My Dearest』

                      垂水映画劇団『愛梨と唯』

                      4tana『俺の夢』

                      ノビシロ『こころをテーブルにのせて』

                      シネマズギックス『いのちを見つめるシリーズ10 〜フードセラピスト牧統順一〜』⇦白井はこの作品に出演しています

                       

                      【Group B】

                      AVII IMAGEWORKS『Border Line』

                      Novice Films『SMILING』

                      エドボリガイズ『さがしもの』

                      tanafilm『e a t』 

                      イクラ組『タイムトラベル ツーリスト』

                      チームmonotone『とんぼ』

                      W7『おうちへ帰ろう。〜Road to Home 〜』

                      AKIKANシューティング『KAIKO』

                      BANZAI FILMS『FIGHT THE RAPIST』

                      DESIRE『カッパちゃん』

                      おふとん王国『古墳の男』

                      DUDE Y!『BABY IN THE DARK』

                      IBTNK『ブラインドタッチ』

                      Oh! Edo Toys『Vegetarian of the Dad』

                       

                      ※各グループの最後に海外の優秀作品賞を上映します!

                       

                      お誘い合わせの上、ご来場くださいませ!


                      | 1/209PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM