白井宏幸の過去出演作品、並びに今後の出演予定など。

0

    白井宏幸
    1980年5月5日生まれ 牡牛座 AB型
    168cm

     

    ★★RECORDS★★

    2017年 海老名ジ・インディーズ映画祭にて入選(エントリー作品「ユニバーサル・グラビテーション」)

    2017年 手のひらフェスティバル2017にて総合ランキング4位/観劇ビギナー大賞(エントリー作品「アップ・ダディ・ダウン」)

    2017年 いわきポレポレ映画祭ショートフィルム部門にてサンシャイン賞受賞(出演作品「ユニバーサル・グラビテーション」)

    2016年 Filmapalooza2016にて「Best Acting Male」受賞(出演作品「ウェルテル無頼」)

    2014年 INDEPENDENT:14【trial】 1位通過

    2006年 一心寺シアター倶楽・七五三企画演劇賞 最優秀助演男優賞

     

    ⬇︎白井宏幸 今後の予定⬇︎

    10月22日 48 Hour Film Project 2017 上映会 詳しくはこちら

    10月28日〜29日 帰ってきたエキチカヘブン (baghdad cafe'さんの演目に参加) 詳しくはこちら

    11月17日〜19日 ステージタイガー「クロス×シーン」 詳しくはこちら

     

     

    ⬇️2017年の出演作品一覧はこちら⬇️


    クロス×シーン 11月17日〜19日 のお知らせ

    0

      IMG_5384.png

      もちっと情報は更新されてきますけれども、ステージタイガーが本公演をします!
      伊丹アイホールにて最新作の「クロス×シーン」という作品を上演致します。
      新しいメンバーを加え、劇団だからこそできる心揺さぶる作品を客席にお届け致します。
      メンバー全員で肉体を鍛え上げ、一丸となって挑みます。

      いるかいらないかはわかんないけれども、筋トレはいつもやってますから。

      ステージタイガー#008
      「クロス×シーン」

      【公演日時】
      2017年 11月17日(金)〜11月19日(日)
      11月17日(金)19:30〜
      11月18日(土)14:00〜/18:00〜
      11月19日(日)13:00〜/17:00〜

      【会場】
      アイホール(伊丹市立演劇ホール)
      IMG_5409.JPG

      【料金】
      一般 前売り3500円 当日4000円 
      学割1000円(大学生含む、要学生書提示)
      先行WEB割3200円
      ※開場は開演の30分前、受付開始は45分前
      ※小学生未満など、お子様の場合はご相談ください
      ※全席指定席

      【チケット予約】

      http://ticket.corich.jp/apply/86444/002/
      現在先行予約受付中10月15日(日)24時迄受付。

      ※先行予約は振込のみの対応となります。
      ※一般予約開始は、10月16日(月)からです。

      【作演出】
      虎本 剛

      【出演】
      谷屋俊輔
      白井宏幸
      アミジロウ
      梅田脩平
      ザキ有馬
      鍋海光
      小林聖也
      椿優希
      小野愛寿香
      南由希恵
      竹林なつ帆
      虎本剛(以上 ステージタイガー)

      宮川サキ(sunday)

      Zキャスト(日替わりゲスト)
      11月17日(金)19:30〜 野村有志(オパンポン創造社)
      11月18日(土)14:00〜 とみずみほ/18:00〜 ネコ・ザ・ポンティ (元ステージタイガー)
      11月19日(日)13:00〜 大熊隆太郎(劇団 壱劇屋)/17:00〜 伊藤えん魔

      【あらすじ】
      境北口駅。
      そこは東西南北に線路が交差する『ダイヤモンドクロッシング』を持つ、「人生の分岐点」と呼ばれる小さな駅。
      山から海。田舎から都会。
      多くの人がその駅を訪れ、そして去っていく。

      そこに併設された郷土資料館で働く保坂優輔は、生まれてから一度も地元を離れた事が無い。
      夢を追う者も。諦め、帰っていく者も。ずっと彼らを見守り続けてきた。

      そんな保坂の息子が東京へ向かうという。
      「一つの場所に縛られた父さんの人生はつまらない」と。
      保坂は、思い出す。
      かつて仲間と懸命に走った日々。
      そして走れなくなった日々。
      自分がここに留まり続けた意味を。

      人生と、時代と、風景が走りながら交差する、ランニングクロス演劇が誕生!
      ステージタイガーは走る! 電車よりも速く! 誰よりも優しく!

      情報は随時公開していきますので、よろしくお願いいたします!


      Osaka 48 Hour Film Project 2017 プレミア上映会

      0

        IMG_5763.JPG

        白井が毎年お世話になっている「48 Hour Film Project」が、今年もやってまいりました。

        今年は馬杉雅喜監督のシネマズギックスというチームに寄せていただき、上映される運びとなりました。

        撮影の雰囲気なんかはこちらのブログ記事をご覧ください。

        今回はグランフロントのナレッジシアターという大きな会場で行われますので、

        これまで以上にたくさんの人の目に触れることができたらいいなと思っています。

         

        【日時】

        10月22日(日)

        GroupA 12:30〜 

        GroupB 17:00〜

        ※いずれも開場は上映開始の30分前

         

        【会場】

        ナレッジシアター グランフロント大阪北館4階

         

        【料金】

        1,000円/プログラム

        1,000円で15本程度の短編映画作品が見られるということです。

        2,000円あれば両グループの映画を全て見ることができます。

            

        【Group A】

        中野メソッド『バーピーコイン マッスル革命』

        gomaora『JUMP』

        Captain Movie『恋文』

        NTKS『Fight for what』

        衣笠竜屯『りんごのカケラ』

        West Village『俺たちにも明日が来る』

        サンプラザたまんないディスク_タダ

        Ten Qu『四つ葉』

        舛本組『ミツクニ家の一族』

        HsjimeCreativr Harbor『雨の日 家は夢を見る』

        SAGITTARI『My Dearest』

        垂水映画劇団『愛梨と唯』

        4tana『俺の夢』

        ノビシロ『こころをテーブルにのせて』

        シネマズギックス『いのちを見つめるシリーズ10 〜フードセラピスト牧統順一〜』⇦白井はこの作品に出演しています

         

        【Group B】

        AVII IMAGEWORKS『Border Line』

        Novice Films『SMILING』

        エドボリガイズ『さがしもの』

        tanafilm『e a t』 

        イクラ組『タイムトラベル ツーリスト』

        チームmonotone『とんぼ』

        W7『おうちへ帰ろう。〜Road to Home 〜』

        AKIKANシューティング『KAIKO』

        BANZAI FILMS『FIGHT THE RAPIST』

        DESIRE『カッパちゃん』

        おふとん王国『古墳の男』

        DUDE Y!『BABY IN THE DARK』

        IBTNK『ブラインドタッチ』

        Oh! Edo Toys『Vegetarian of the Dad』

         

        ※各グループの最後に海外の優秀作品賞を上映します!

         

        お誘い合わせの上、ご来場くださいませ!


        エキチカヘブンへの出演情報です!

        0

          IMG_5730.jpg

          なんの因果か「帰ってきた エキチカヘブンファイナル」に出演させていただくことになりました。

          なんの因果か、というとbaghdad cafe’さんの演目に出演します。

          そういうことでございます。

          もしもお時間ございましたら遊びに来てください。

           

          ■□■『帰ってきた エキチカヘブンファイナル』□■□

           

          【日時】

          2017年10月28日(土)&29日(日)

          10月28日(土)14:00

          10月29日(日)13:00

          ※開場時間は各30分前より。各日開演時間が異なります、ご注意ください!

           

          【会場】

          コミュニティカフェ pangea

          〒590-0895 堺市堺区戎島町5丁9番

          (南海難波駅より南海本線堺駅まで急行で10分、堺駅より徒歩5分)

           

          【料金】

          1DAY  3,000円(別途1ドリンク 500円必要です。)

          2DAYS  4,000円(別途2ドリンク1000円必要です。)

          ※中学生以上は入場料が必要です。3歳以上〜中学生未満はドリンク代500円のみ必要です。

           

          【チケットご予約】

          チケットは各日70枚限定となっております!お早めにご予約ください!

          https://www.quartet-online.net/ticket/ekichikaheaven2017

          (備考欄に「baghdad cafe’」「バクダッドカフェ」とご記入ください)

           

          名前はまだなゐ情報ブログ

           

          【出演】

          10月28日(土)

           

          ◇ArtistUnitイカスケ《漫才》

          ◇OTO16《芝居》

          ◇後日改メ《演奏とうた》

          ◇コレクトエリット《演劇》

          ◇再生会《ROCK》

          ◇the cherish《パフォーマンス》

          ◇ThE 2VS2《演劇・ショートコメディ》

          ◇芝居紳士《くくれない》

          ◇彗星マジック《素敵な演劇》

          ◇超能力屋のガンチャン《超能力》

          ◇ИEUTRAL《芝居》

          ◇baghdad cafe'《演劇》

          ◇ROPEMAN(39)《パフォーマンス》

          ◇わたなべゆう《アコースティックギター》

          ◇名前はまだなゐ《日常+POP》

          …… and more?!

           

          10月29日(日)

          ◇ArtistUnitイカスケ《漫才》

          ◇かぼちゃワインS《JPOP》

          ◇コレクトエリット《演劇》

          ◇SIRMO STAD《ロック》

          ◇SYS《機能単位式電子POPプロジェクト》

          ◇シゼンカイノオキテ《ROCK》

          ◇芝居紳士《くくれない》

          ◇彗星マジック《素敵な演劇》

          ◇ИEUTRAL《芝居》

          ◇baghdad cafe'《演劇》

          ◇Lainy J Groove《JAM/HIP HOP》

          ◇ROPEMAN(39)《パフォーマンス》

          ◇名前はまだなゐ《日常+POP》

          …… and more?!

           

          エキチカヘブンファイナル2から4年の月日が流れました。

          エキチカヘブンファイナルの翌年に開催したファイナル2により

          「ファイナル詐欺」と言われたのも今や昔。

          本当にファイナルだったのか・・・と思い始めていた皆さんに朗報です。

           

          エキチカヘブンファイナルが帰ってきました。

          その名も「帰ってきたエキチカヘブンファイナル」

          まんまやん!しかもファイナルのまんまやん!

          そう、今回もファイナルのつもりでやります。

          帰ってきたとこを返り討ちにするぐらいのつもりで思いっきり出し切ります。

           

          エキチカヘブンは音楽あり、芝居あり、昼寝あり、お酒あり、おしゃべりあり、のんびりありの

          一人一人それぞれの楽しさを見つけ出してもらうイベントです。

          笑ったり、空を眺めたり、海を見つめたり、そこに流れる音や声を感じたり、その一つ一つがイベントです。

          お客さんも出演者もスタッフも垣根を越えて一緒にエキチカヘブンを作りあげましょう!!

           

          祭りだ!祭りが、帰ってきた!


          空宙空地さんを見てきました。 名古屋のかたー!東京のかたー!

          0

            IMG_5766.jpg

            「空宙空地」もう、パソコンの予測変換に入れましたから!

            空宙空地、空宙空地。はい。空中空地とはもう打ち間違えることはないでしょう。

            僕が一人芝居のトライアルの時に、いらっしゃって、おぐりまさこさん。「ライト」ってお芝居を。

            僕と中野π子さんがトライアルは勝ち上がったけれども、プロデューサー枠で本線にいらっしゃって。

            でも納得のお芝居をされていたのが出会い、初めまして。

            そういうことなので、僕は、勝手にコンプレックスのようなものを、持っていたり、

            戦友のような感情を持っていたり、とにかく、好きだけど、あやふや。ボンクレーのような感じで。

            ここのところは本当にややこしいんです。

            勝負は時の運。僕が勝てたのだって、たまたま偶然。戦いが終わっても人生はまだまだ続いていきます。

            いっときの勝利や賞なんかは、いっときのもので、そこからどう進んでいくか、

            何を残していくか、そういうものが大切なんですよきっと。

             

            そしたらね、その時のご縁を大切にして、大阪になんども来ていただいて、

            今回大阪、東京、地元の名古屋、と3都市のツアーをしている空宙空地さんは、いい。

            勝ちとか負けとかそういう基準で測るべきものではないので。いい、とします。

            した上で。本当この先ややっこしい注釈だらけの文章になってしまうと思いますんで、

            僕のことを、ある程度許せる方のみ読んでください、とお願いしたいです。

            勝手に読んで、勝手に嫌いになられたら困りますけど、ブログに書いている以上、それも自由で、僕の責任として、

            それはそれとして、仕方ないでしょう。

            少しグダグダ書いているのは、あれですよ、「お前に少し時間をやる。」的なアレですよ。

            読まずにいようって思うなら、今のうちですからね。

             

            さて、僕は、最終ブロックをみたんですが。大阪のクリエーターチームの作品が一番良かったと思ったんです。

            如水を見ることはできなかったんですけれども。それを差し引いても、まぁ、これは好みの問題。

            大阪チームの方が気持ちが観れたのかなぁと。

            関戸さんの速射砲のような展開も、好きだし、僕も、あんなに早く喋れないにせよ、

            力押し(これは、良い意味ではない、自分に対してね、力で押し込む、なんていうかテクニック不足の意味)をすることも多い。

            のだけれども、ちょっと、音圧すごすぎて、隙間に入ることができなかった気がしました。

            浴びるというか、それ以上に、サウナみたいな。

            世界の大温泉が、名古屋から来た!すみません、ちょけてるわけではない。

            なかなか難しいなと思ったんです。すごく、てっきとーな事言うと、

            劇場の大きさがもひとつ大きくなってちょうど良い感じなのかな、と。

            ちょっと、空間というか距離が近すぎて、やられてしまった感じ。アトラクション。

            でも空宙空地さんの目指すものって、エンターテインメントだから外れてはいないと思うし、

            バンバンお客さんも湧いていたしで、良いと思うんです。

            何度も言うけれども、今の、僕の、好みとは少し違っていた、という事。

            だから、僕の言う事なんて、今の僕の、このタイミングで言う事であって、また、変わるかもしれないし、

            僕が思っている事なんて、自分自身実践できていないんだけれど、それでも。

            その速射砲のマガジンを装填するときの気持ちがほんの少し見えたらよかったなって思っています。

             

            関戸さんは、(これはリップサービスだろうけれども)僕に、「うまくなるにはどうしたら良いか」なんて聞いてくれる。

            そんな事知ってたら、僕こそ稽古場でダメだしもらって凹んだりなんてしないさ。

            凹んでもすぐに立ち直るので今の僕は平気ですけれどね。

            アフタートークで彗星マジックの勝山さんがしきりに「まいあがれ」の話をしていたけれども、

            あの時、相手がオパンポン創造社さんで、僕はどちらのチームも対照的な「発声方法」をしているなぁと思ったんです。

            で関戸さんのそれはどちらとも違っていて、

            あ、結局、良し悪しじゃなくって「違い」ってなんなの?って事なんかもしれないけれど。

            日常を劇的に面白くするっていうのはそしたら「どう」すると良いのだろうか?って話になるんですよね。

            その「劇世界」においてのスタンダード、を設定して、そこからどの程度揺さぶられるのか?って事なんだろうか。

            その、っていうのは「空宙空地さんが創り出す劇世界」って事で。

            観客としての僕らが、自然とその世界の中に入るのか、それとも、外側からその世界を面白そうに眺めているのか、

            果たしてどちらが良いのだろうか、それぞれにどういう違いがあるんだろうか?って事を考えてたら眠れなくなりました。

            IMG_5765.JPG

            でも、基本、二人とも好きなんですよ。それだけ。それだけっていうと変だけど。

            僕より、先行っている人って印象が僕の中にあって、勝手にビクついている僕なんですが。

            「作品」について、思いを交換できたのは、とても嬉しかった。一応僕も、作る人間側にいて良いんだと、思いたいから。

            しかしながら、とっちらかった文章で申し訳ありませんね。そもそも、答えの出せる事を話ししてないもんで。

             

            短編集
            「ふたり、目玉焼き、その他のささいな日常」

            【出演】
            おぐりまさこ(空宙空地)
            関戸哲也(スクイジーズ/空宙空地)
            大野ナツコ
            山形龍平(タツノオトシドコロ)

             

            【日程と会場】

            2017年10月27日(金)〜29日(日)
            @こまばアゴラ劇場

             

            2017年11月10日(金)〜12日(日)
            @七ツ寺共同スタジオ

             

            【料金】

            一般前売券 2300円(当日2500円)
            U-22前売券 1800円(当日2000円)
            高校生以下前売券 1000円(当日1200円)

             

            空宙空地さんのサイトはこちら

             

            まだまだ、2都市続きます、みなさん頑張って!


            声のお仕事に行ってまいりまして。あと衣装。

            0

              IMG_5755.jpg

              稽古のことをあんまりかけていないなぁと思い。

              まぁ、週の半分は稽古しているんだけれども、その他のこともいろいろと関わらせていただいているので。

              明日は空宙空地さんを見に行って、そのことを書くんだろうな。なので、今日は今日のことを。

              いつもお世話になっている映像関係の方から、お仕事の依頼をいただきまして。

              声の録音に行ってまいりました。お相手は松本真依さん。以前「ユニバーサル・グラビテーション」でも、

              ご一緒し、ラストカットで素敵な表情を見せた若き女優さんです。

              この写真、笑顔が固いと言われましたが。かいらしい女の子の隣にいるとそりゃ、固くもなりますよ。って話です。

              僕の都合を言って声の収録の時間を早い時間帯にしていただきまして、

              お昼の早いうちに録音は終了、早々に一時帰宅をした白井は、次なる準備をするのであります。

              そして、その松本真依さんと僕が別々の映画に出ています、そして、奇しくも別々のグループでの上映となる上映会。

              つまるところ「48 Hour Film Project 2017」のプレミア上映会は10月22日にグランフロントのナレッジシアターで!

              松本さんは世界の二朗松田が作を務めた「カッパちゃん」に。

              世界の白井は「いのちを見つめるシリーズ10 〜フードセラピスト牧統順一〜 」に出演します。

              んで、松本さん、確かタイガーの新人のバッキーこと椿と知り合いだそうで。面白いもんだなと思うわけです。

              で、上映会が22日と言っているんだけれども、それって来週のことじゃん!ってなるよね。

              48HFPって、お題が出てから映画を撮るんで、役者としては「出られない可能性がある」ということなんです。

              使ってあげたいと思ってくださるのはありがたいけれども、作品に集まってくれた役者が「合わない」可能性だってある。

              まぁ、そんなこんなで、宣伝が遅れてしまうのはヤなんです。

              今回せっかく大きなスクリーンで上映してもらうんだから、たくさんの人に見てもらわないと話になんない、

              と、僕は思っています。ので、早めにしっかりとした案内の記事を書きますねっと。

               

              さて、長くなりそうな感じですけれど、先ほどの準備とは、ステージタイガーの稽古の準備です。

              衣装を決めてしまおうという「ドレスパーティ」というものをしたのです。

              劇団の新人には頼れるヤツがおりまして、ちゃんなつというヤツで。

              わりかし仕事もレスも早いので、ずさんな大人たちにとってはありがたいもんで。

              劇団に入って間もないといえば間もないので、あまり前へ前へというところには簡単には切り替えられないとは思うけど。

              それでもしっかりしているんで、なるべく自由に、実力が発揮できるような環境づくりをしてあげたい。

              他の新人についてもそうだし。で、発揮した実力がたらん場合は、それを伸ばせるようにみんなで努力しましょう。

              で、僕も個人的に成長の機会を見つけられたらこっそりと手伝ってもらいたいからよろしくの助けである。

              IMG_5762.jpg

              衣装をたくさん並べて、あぁでもない、こうでもないと、しているうちに、

              多分持ってきた衣装の埃でみんなが少し疲れてきたのが目に見えてわかるのである。

              埃、あなどれなし!

              しかし僕は、今日の声の収録のために喉を守ろうと、マヌカハニーを「昨日!」買ったのである。

              外国人に「付け焼き刃」という言葉を説明するのにちょうどいい例題であるね。

              みんな、しっかりうがいをして眠りについたかしら。お酒かっくらってぼってり床で寝てないかしら。

              寝落ちなんて、愚の骨頂よ。

               

              さて、稽古はわりかし進んでまいりまして、ようやく半分を過ぎたところです。

              やっと「これこれ、これを待ってた!」っていうシーンが見れました。(僕比)

              でも、これからもっともっとあげていかなきゃならないので、頑張ります。

              頑張りますんで応援お願いいたします。

              応援お願いしたいので、しっかり宣伝っていうか、お知らせをしますんで、

              何か一言かけていただければ嬉しいんです。いけないけどがんばれよ!だって嬉しんだから。

              気兼ねなく関わってきてください。

              そして、僕がちょっとくらい気兼ねすりゃいいのに、って思うくらいに足突っ込んでしまったのがこちら。

              FullSizeR.jpg

              同じ稽古場で稽古をしていた女性ばかりのお芝居をするMEHEMさん。

              写真の僕の左がふろむさん、右が羽鳥冴さん。

              羽鳥さんはこないだの有馬九丁目にも出てくれて、その時に何度かお話をさせてもらったハキハキした美人さん。

              彼方さんのチラシも同じようにしたらよかったなって後になって悔いる。後悔。

              稽古場が割と同じことがあるみたいなんで、次に会ったら撮らせてねって話をしてどうもどうもする。

              僕らの翌週に高槻で公演があるということです。 MEHEMさんの情報はこちらですわ。

               

              さて、僕らのお芝居のことも宣伝しておきますね。

              先行予約が今日までとなります!

               

              ステージタイガー「クロス×シーン」

               

              【公演日時】

              2017年11月17日(金)〜11月19日(日)

              11月17日(金)19:30〜

              11月18日(土)14:00〜/18:00〜

              11月19日(日)13:00〜/17:00〜

               

              【会場】

              アイホール

               

              【料金】

              一般 前売り3500円

              学割1000円(大学生含む、要学生書提示)

              先行WEB割3200円

              ※開場は開演の30分前、受付開始は45分前

              ※全席指定席

               

              【チケット予約】

              10月15日(日)24時迄先行予約中です。

              白井扱い予約フォームはこちら

               

              Zキャスト(日替わりゲスト)

              11月17日(金)19:30〜 野村有志(オパンポン創造社)

              11月18日(土)14:00〜 とみずみほ/18:00〜 ネコ・ザ・ポンティ (元ステージタイガー)

              11月19日(日)13:00〜 大熊隆太郎(劇団 壱劇屋)/17:00〜 伊藤えん魔

               

              【特設サイトアドレス】

              st-tg.net/_ps/cs

               

              よろしくお願いしまーす。


              今日はまいあがれとCritical Creationに頭下げて、はい。

              0

                FullSizeR.jpg

                稽古場行脚おじさんになりそうになっている。近いけどちょっと違うんです。

                今度の火ゲキを見にいくのが叶わないから稽古場に、行っちゃいけないかしら?って聞いてみたら、

                合同通し稽古をするわよってことで、お邪魔させてもらったんです。チョコ持って。

                たくさん可愛い女の子たちがいる現場にお邪魔したら二朗松田さんもいてらして。

                ちょっとオープニングアクトで台本を書くっていう「安請け合い」をする現場を目撃いたしました。

                作家先生はスゲェなぁって思います。

                そんなことより、どんどん寝る時間が遅くなっていっているここ最近。

                これはあんまり良くない傾向でありますや。

                 

                火曜日のゲキジョウの詳しくはこちらを見てください!

                10/17(火)[30×30 pair.86]
                『Critical Creation × ユニットまいあがれ』
                ●18:30〜:Critical Creation
                ●19:10〜:ユニットまいあがれ​
                ●19:50〜:Critical Creation
                ●20:30〜:ユニットまいあがれ​
                予約:1,800円/当日:2,000円

                Critical Creation「ゆきのふる」

                ユニットまいあがれ「そこはかとなく優しくフィット(30×30ver.)」

                 

                どっちも面白かったし、もっと面白くなると思います。

                なんて、なんて上から目線に見えてしまいそうなことか!?

                稽古場でも30分も「人が集中して物を創造するさま」を見せてもらったんですから、なんか、僕はラッキーです。

                FullSizeR.jpg

                図らずも、女性二人組。

                「まいあがれ」さんの方は初演のプラセボでのお芝居を見ているんだけれども、室屋さんの切り口がよくって、

                今回、中嶋さんが、なんとも言えず、良い、見たことない感じの中嶋さん。

                前回のまいあがれとはまた違った独特テンポな掛け合いを見せてくれると思いますよ。

                米山さんとのコンビネーションもよくってね、羨ましくなっちゃう。

                来週の火曜日までまだ日があるので、いろいろと考えるところをクリアにしてもっと良くなるんじゃないかなーと。

                「Critical Creation」さんの方はなんだか異色なお芝居で。

                クリエーション、というその名のごとく、という感じでしたね。

                今日は照明とかはナシの稽古の雰囲気だけだったんで、本番はもっと変わってくるんだろうなぁ、と。

                かいらしい女子二人のお芝居でした。

                ネタばらせないからもうストーリーに関しては割って愛して。

                 

                おっさんも、魅力的にならなあかんなぁという、そういう気分になりながら嬉し寂しく帰途につきましたねん。

                そんで、あれです。ステージタイガーのクロス×シーンのチラシを渡しましてん(宣伝!宣伝!⇨特設サイト

                そしたら、Critical Creationの方に出てる山岡美穂さん、タイガーのこと知ってくれてて、

                好みだって言ってくれて、僕はもうありがたくてありがたくて、エェ、もっとがんばりますよっと。

                そんな気分になりました。

                あと、たねちゃん、今回稽古場見学の口をきいてくれてほんとありがとさんです。

                エキチカヘブンでもよろしくお願い致します。

                相内さんもお邪魔させていただいてどうもありがとうございました。

                 

                今んところ、若干の迷走気味なところはありますけれども、

                お芝居に対する関わり方を考えていきたい、この半年なんですよね、

                この半年って、そういうこと考えるには余裕のないハードな半年なんですが。

                環境が変わってしんどい今こそ少し、守りに入らずに、できるだけのことをしたいという感じ。です。

                なもんで、明日もヒイコラがんばりますよっと。

                おやすみなさい。みなさんも1日ご苦労様でした!


                今年も48時間をかけている方々に片足を突っ込んできました

                0

                  IMG_5732.jpg

                  いつもお世話になっている木下監督から「今回は別の役者さんにお願いすることにしました」と。

                  律儀にご連絡をいただいたものですから。

                  オーディションにも行こうかなぁと思っていたんですが、なんだかその時期はキャパオーバーで。

                  今年は、どうしようかなぁ、なんて悩んでいたところに馬杉監督がフェイスブックで同志を募集していたものだから。

                  そしたらこちらからお願いしてやろう、ということで、今回は

                  「馬杉さんに頭を下げた」話をしようと思います。

                  でも、空想的にしか頭を下げていませんので、形而上学的に挙手をした話とでも言えますか、秋だし。

                  なんのことはない、僕を使ってくれませんか?って言って「えぇで、きぃや」って言ってくださった流れです。

                  今日のこのブログで言いたいことは10月22日 (日)にグランフロント(!)のナレッジシアターで上映会があること。

                  もう一つは「僕自身は別にDESIRE専属役者ではないということ」この2点につきます。

                  でも、木下監督にお呼ばれしたらもうそれはホイホイついていきますけれども。

                   

                  なので、いろんな監督さん、一応、Filmapaloosa2016っていう映画祭で主演俳優賞を取った事実は事実なんですから、

                  気軽に呼んでくだされば喜んで出演いたしますよってに、今後もよろしゅうお願いいたします。尻軽です。

                  とはいえ、現場現場で、できる限りの事はしようと思っていますから。

                  初めての現場でも、なんとかでしゃばりすぎないように、あっちこっちに気を配ったり、しますよ?

                  出来上がった完成品の映像は、できるだけたくさんの人に見てもらえるように宣伝しますよ。

                  と、いうわけなので、お声がけしてくれればありがたいと思います。

                  でも、DESIREの映画作品に小永井君と米山さんがペアで出演してたのを見たときには嬉しかったなぁ。

                  なので、案外関西小劇場の役者がたくさん出ている「48Hour Film Project 2017」の上映会にはみなさん見にきてくださいね。

                  作って仕舞いじゃなくって宣伝して埋める、までをきっちりやりたいなって思います。

                  懲りずまたおしらせしますんで、よろしくお願い致します。

                  IMG_5731.jpg

                  このブログで使わせていただいている2枚の綺麗なお写真。

                  ハンブルクで写真活動をされているタイナカジュンペイさんが撮ってくださいました。ありがとうございます!

                   

                  一昨年は確か馬杉監督の撮影現場に取材が入ってドキュメンタリー番組ができていたっぽいです。

                  僕がカンヌに行った時のやつ。我らが三好監督は作品の完成を優先して取材を断ったそうだけれど。

                  やっぱり48時間で映画を作るっていうのはいつまでたっても簡単なことじゃないみたいですね。

                  ストーリーだとか、主人公の設定とか、言わなきゃならないセリフとか、使うべき小道具とか。

                  これって、映画の取り方云々じゃないんじゃなかろうか?シナリオの書き方の部分なんじゃないか?

                  って思うあたりが僕は素人なんでしょう。

                  象徴的な絵を取れればそれだけで成り立つ、みたいな、逆転ホームランみたいな映画もあるんじゃないかな。

                  「このカットだけ!」成立させれば価値が決まる、みたいな。勝手なことばっかり言うてますわ。

                   

                  馬杉監督も例に漏れず、スタジオにあるホワイトボードにたくさんブレーンストーミングして、

                  言葉や関係性や、それらのいろんなことを書き上げて頭をうんうん唸らせて、

                  撮影が始まりました。

                  素敵なキャスト陣、スタッフ陣に囲まれて、勝手ながら楽しい1日を過ごしました。

                  本当に、ご縁だ。自分から声を出してよかったと思います。

                  大変だったけど、本当によかった。馬杉監督、ありがとうございます。

                  ご一緒させていただいたキャストの皆様、支えていただいたスタッフの皆様、

                  本当にありがとうございました。

                   

                  本当の戦いはこれからです。もうあと2週間もないですがたくさんのお客さんを呼びましょうぜ!

                  映画は古代遺跡じゃないんだから、今見てもらえるうちに見てもらわないといけないですもん。ね。

                  お題は見てのお帰りではなくって1000円しますけど、できればグランフロントに見に来て欲しいです。

                  アドリブで撮ったシーンのつぎはぎのような映画です。

                  そればっかりだと語弊があるけれども。

                  内容は言わぬが花ですね。見てください。

                  詳しくは、また改めてお知らせさせていただきます。


                  カヨコの大発明さんに頭を下げてきました。怒られたら記事は消えます。

                  0

                    IMG_5709.jpg

                    順番から言うと、48HFPに参加している馬杉さんに(空想的に)頭を下げたことを書くべきなんですが、

                    こちらの方が日を急いているので、こちらのブログから。

                    実際的には、と言いますか、現実的には「頭を下げ」てはいませんから、

                    現実的の対義語として「空想的」という言葉を使わせていただいています。いらぬ律儀な白井です。

                    火曜日にはですね、ステージタイガーのクロス×シーンのお稽古がありますもんで、

                    火曜日のゲキジョウをみに行くことが叶いませんもんで、有元姐さんにお願いしたんです

                    「稽古場に遊びに行かせちゃぁもらえねぇでげすか?」って。

                    僕だったら「遊びに来るんだったら来てくれるなぃ!」って追い返すところですが、

                    懐の広い有元さんは栗まんじゅう一つで僕を稽古場に寄せてくださいました。

                    「クロス×シーン」についての情報はこちらをご覧くださいね、来月半ば11月17日(金)から19日(日)です。

                    白井扱いになる専用予約フォームはこちらですからね!

                     

                    火曜日のゲキジョウは明日10/10(火)にin→dependent theatre 1stにて!

                    30分間だけのお芝居ではありますが、されど30分。

                    のんべんだらりんとさせない二朗松田巨匠の作品です。

                    お客様の脳みそを信じていらぬ説明を省いたり、「わかるやつだけわかりゃぁ良い!」て置いていったり、

                    たまにジュラシックワールド化する劇場を想像させられたり(個人の感想です)、

                    盛りだくさんな30分になりそうです。

                    細かなところに触れてしまうとネタのバレてしまうところがありますんで省かざるをえませんが、

                    女優さんみなさんパワフルで、それもみなさんどちらかというと技巧的な女優さんばかりが、

                    ここぞでパワフルにお芝居されてるんですわ。でも、頭の中の計算機はパシパシ動いている感じ。

                    なんでそこまで頑張るの?ってくらいに絞り出していらっしゃいます。

                     

                    そこに優ちゃん先生(と呼ばれていました、小野村優さん)の振付が入り、

                    30台後半の(台本の中にこういうニュアンスのセリフがあったように思いますよ)女優さんが顔で踊るんですな。

                    「今までの300%でやってください!」って笑顔で指示する優ちゃん先生。

                    死んじゃう、けど、それができたらもっともっと面白いものになる!

                    って思っているかどうかわかんないけれど、どんどんと舞台上の熱が上がっていたのが目に見えてわかりました。

                     

                    僕、通し稽古の写真を撮らせていただきましてね(衣装をつけていたのでここではあげませんが)、

                    シャッターチャンスの多いこと多いこと、

                    圧が飛んでもない酒井美樹さん(僕はとあるシーンの「〜べき」ってセリフの発音が大好きです)、

                    チャレンジの塊、田川徳子さん、メタモル是常、ザ有元はるか。

                    言えないことが多くなってきたので雑になっちゃった。

                    できることならアイマックスでみたい劇場作品です。

                    アイマックスっていうわけにはいかないので、劇場の最前列でご覧ください。

                    一部4Dでお届けされているかもしれません。

                    IMG_5708.JPG

                    火曜日のゲキジョウ 30×30 pair.85

                    「俺たちの地球空洞説×カヨコの大発明」

                     

                    【日時】

                    10月10日(火)

                    18:30(俺)/19:10(カ)/19:50(俺)/20:30(カ)

                     

                    【料金】

                    前売1,800円 当日2,000円

                     

                    ◎カヨコの大発明「横山ノッキン・オン・ヘブンズドア」

                     

                    【脚本・演出】

                    二朗松田(カヨコの大発明)

                     

                    【出演】

                    有元はるか(カヨコの大発明)

                    酒井美樹(四畳半ヤング)

                    田川徳子(劇団赤鬼)

                    是常祐美(シバイシマイ)

                     

                    【チケットご予約】

                    ご予約フォームはこちらから!

                    当日10日の15時まで有効だそうです。

                     

                    お稽古場覗かせてもらってありがとうございましたー!


                    こないだ書けなかったbaghdad cafe'の事。

                    0

                      IMG_5596.jpg

                      「バグ」と打てば「baghdad cafe'」と変換されるようにしています、僕の携帯。結構便利。

                      先日は「エキチカヘブン」というイベントに参加する「baghdad cafe'」という劇団のお稽古に参加してきました。

                      参加参加とかしましいですが、そういう事なのだから仕方がない。

                      エキチカヘブンに関しては、名前は聞いていたものの、見に行った事がないので

                      僕には皆さんを納得させるほどの言葉を持たないのだけれど、たくさんの人たちがなんやかんややって、

                      日がな一日、ぼんやりする事が好きなタイプの人間を、それなりに満たしていく事のできるイベントです。

                      そんな感じの認識なんですがいかがでしょうか?

                      姫路にある4DXのある映画館の入った商業施設を僕は魍魎の匣と名前を冠した事があって、

                      それはそれで誰もピンとこず、そもそも、アースシネマズ自体が大阪ではあんまり伝わらなかったわけなんだが、

                      今回のハコも、いわゆる、箱であり、匣であり。なんかそんなイメージです。

                      そんなイメージを持って「コミュニティカフェ パンゲア」を調べていたら、まぁ、大外れで。

                      もともと工場だった建物を改築して作られたスペースで、

                      堺市内で栽培、収穫された農産物で、生産農家が農薬取締法に従って使用した農薬などを生産履歴簿に記入し、
                      その農薬使用状況が適正であると確認された安全・安心な農産物、

                      「堺のめぐみ」認証を受けたもの、もしくは顔がみえる農家さんのお野菜をできる限り利用した料理を提供しているそう。

                      魍魎の匣なんて言ってすみません。魍魎の匣も、面白い小説です、一応1回だけ全部読みましたから。

                       

                      その中で行われるイベント「エキチカヘブン」というイベント。

                      たくさんのアーティストが集まって、与えられた時間を、音楽やったりお芝居やったり、コントやったり、

                      なんだかんだ。いろんな出し物が、1日でたくさん見れますよっていうイベントです。

                      これは批判でもなんでもないんだけれども、ある程度ゆるそうです。

                      音楽やってらっしゃる人なんて例に漏れずお酒飲みながら自分の順番まで待機してたりする事が多いから、

                      進行はグダグダとするでしょうね。でも、そういうコンセプトのイベントなんじゃなかろうかと思っています。

                      私はここでこのアーティストの出し物を見た後に、夕方からは別の握手会に参加するの!ってか他には、

                      簡単に言って「向きではない」イベントだと思っいました。

                      1日全部ないし半分くらいを、のんびり使える人「向き」な感じ。

                      別にこないでくださいなんて言うつもりはないけれども、几帳面な人にはしんどかったりするかもしれない。

                      憶測ですけどね。

                       

                      さて、お稽古の話。

                      baghdad cafe'さんの稽古場に参加する。

                      初のbaghdad cafe'である。多分に緊張していました。

                      事前に頂いていたのが3人芝居の台本であるから、きっと共演相手はあの二人。

                      一瀬尚代嬢と辻るりこ嬢。嬢を城にしてもいいんじゃないかという二人ですわ。

                      お二人ともに、それぞれ共演したことはあるんです、一瀬さんは客演先で。つるりさんはタイガーに来てくれた。

                      でも、なんか、違ったなと思ったのは、やっぱり自分とこの劇団での演技っていうのは、よそに出てるそれとは違う。

                      そんなイメージ。

                      なんでもない会話の台本。ほっといてもどうも「らしさ」は出ているようで。

                      ちょっと忙しい中で、不安もあったけれども、お受けしてよかったなと思いそうです、最終的には。

                      そうなれるように頑張りますので、1日使ってもいいよっていう気の長い方は遊びに来てくれると嬉しいです。

                       

                      『帰ってきた エキチカヘブンファイナル』

                       

                      【日時】
                      2017年10月28日(土)&29日(日)
                      10月28日(土)14:00
                      10月29日(日)13:00
                      ※開場時間は各30分前より。各日開演時間が異なります、ご注意ください!

                      【会場】
                      コミュニティカフェ pangea

                      IMG_5561.JPG
                      〒590-0895 堺市堺区戎島町5丁9番
                      (南海難波駅より南海本線堺駅まで急行で10分、堺駅より徒歩5分)

                      【料金】
                      1DAY  3,000円(別途1ドリンク 500円必要です。)
                      2DAYS  4,000円(別途2ドリンク1000円必要です。)
                      ※中学生以上は入場料が必要です。3歳以上〜中学生未満はドリンク代500円のみ必要です。

                      【チケットご予約】
                      チケットは各日70枚限定となっております!お早めにご予約ください!
                      https://www.quartet-online.net/ticket/ekichikaheaven2017
                      (備考欄に「baghdad cafe’」「バクダッドカフェ」とご記入ください)

                      【出演】
                      10月28日(土)

                      ◇ArtistUnitイカスケ《漫才》
                      ◇OTO16《芝居》
                      ◇後日改メ《演奏とうた》
                      ◇コレクトエリット《演劇》
                      ◇再生会《ROCK》
                      ◇the cherish《パフォーマンス》
                      ◇ThE 2VS2《演劇・ショートコメディ》
                      ◇芝居紳士《くくれない》
                      ◇彗星マジック《素敵な演劇》
                      ◇超能力屋のガンチャン《超能力》
                      ◇ИEUTRAL《芝居》
                      ◇baghdad cafe'《演劇》
                      ◇ROPEMAN(39)《パフォーマンス》
                      ◇わたなべゆう《アコースティックギター》
                      ◇名前はまだなゐ《日常+POP》
                      …… and more?!

                      10月29日(日)
                      ◇ArtistUnitイカスケ《漫才》
                      ◇かぼちゃワインS《JPOP》
                      ◇コレクトエリット《演劇》
                      ◇SIRMO STAD《ロック》
                      ◇SYS《機能単位式電子POPプロジェクト》
                      ◇シゼンカイノオキテ《ROCK》
                      ◇芝居紳士《くくれない》
                      ◇彗星マジック《素敵な演劇》
                      ◇ИEUTRAL《芝居》
                      ◇baghdad cafe'《演劇》
                      ◇Lainy J Groove《JAM/HIP HOP》
                      ◇ROPEMAN(39)《パフォーマンス》
                      ◇名前はまだなゐ《日常+POP》
                      …… and more?!

                       

                      お待ちしております!


                      | 1/208PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM